学校法人長谷柳絮学園 仙台青葉服飾専門学校 学校法人長谷柳絮学園 仙台青葉服飾専門学校

資料請求

きもの科タイトル

キャンパスブログ

  • 2018/01/16 全科共通

    華道の授業を紹介します♪

みなさんあけましておめでとうございます。

今年も月に1回~2回のペースでブログを更新していきますのでどうぞよろしくお願いします。

入学を検討している方はもちろんのこと、在校生の保護者の皆さまも、本人が専門学校でどんなことを学んでいるのか是非チェックしてもらえれば幸いです。

 

今回は華道の授業を紹介します!

学生は茎の切り方や花材の知識を学びながら作品を作り、感性や表現力を磨きます
もちろん修了者には許状が授与されます。

生け花は、花の他に、蕾や葉、茎、枝など…さまざまな部分が使われるだけでなく、花瓶や鉢といった花器選びも重要です。学生は花器選びも含め、どうしたら花を美しく飾ることができるかを考えながら花を活けています。

時には学生同士相談したり、先生に助言をいただきながら、毎回楽しく花を活けています。


先生の話に真剣に耳を傾けています。

いざ実践!真剣な表情です。

 
「そこのつぼみの部分可愛いねー」学生同士で作品を見合ったりもします♪

先生から助言をもらったり、手直しをしてもらいます。

完成した作品は、多くの人が行き来する1Fに飾られます。

本校で学ぶ流派は公益財団法人 日本いけばな芸術協会に加入の「清泉古流」です。

清泉古流とは初代以来、温故知心の心と、進取の精神を持ち「古典花から現代花まで」をテーマに活動しています。古典花は四季折々の草木を生花(せいか)として生け、その“不易”の姿を正しく伝承しています。また現代花は“流行”のその先を見据え、植物に限らず、様々な素材をとおしていけばなの可能性を楽しみながら模索しています。清泉古流ホームページより

↑ PAGE TOP