学校法人長谷柳絮学園 仙台青葉服飾専門学校 学校法人長谷柳絮学園 仙台青葉服飾専門学校

資料請求

きもの科タイトル

学生の声

きものに関わる多くのことが学べます

きもの科 佐々木 美帆さん


着物を学ぼうと思ったきっかけは高校の部活で着物を着て「綺麗だな。自分も造れるようになりたいなぁ」と思ったからでした。 実際に針もまともに持ったことが無く、ただ造りたいという気持ちだけで入学したので、毎日が新鮮で、知らなかったこともたくさん知ることができて充実しています。 将来はきものをコーディネートするお仕事や着物職人にも興味があり迷っていますが、少なからず着物に携わるお仕事に就きたいと思っています。 着物と聞くと「縫うだけ」「着付けをするだけ」などと思っている人もいるかと思います。しかし思った以上に着物の世界は広く、一見関係ないと思われるところでも着物と密接に関係していたりするのでとても視野が広がります。きものに興味のある人は学校説明会に来て確認してみるといいと思います。

在校生1

きもの科 相田 千遥さん


祖母が和裁士をしていたこともあり小さい頃から着物を見て、気が付いたら着物に興味をもっていました。高校の部活で着物が上手く着られなかったことがあり、本格的に専門学校で学ぼうと思いこの学校に入学しました。 私自身、中学の家庭科でしか針を持ったことが無かったのですが、先生が丁寧に教えてくれたこともあり裏地のついた着物を造れるようになり、一人で着付けができるまでになりました。今では「どうしたらもっとスピーディかつ綺麗に造れるだろう」「どうしたらもっと可愛く着せられるだろう」などと考えられる余裕まで持てています。 一見「きもの」と聞くと垣根が高そうなイメージがあると思いますが、実は身近に和装を楽しむことができます。同じ着物を学ぶ仲間も多いので、興味があったら是非学校を見に来てほしいと思います。

在校生2

卒業生の声

お客様から感謝されることがことが、
やりがいへと繋がります。

かみのやま温泉 古窯 勤務
我妻 美莉さん
服飾学科きもの科卒業

卒業生1

宿に到着されたお客様のおもてなしや、食事の準備や配膳、売店のレジスタッフなど接客や裏方の仕事まで、仲居として幅広く業務を行います。 接客をする中で、お客様の笑顔や「ありがとう」と声をかけて頂けるとやりがいを感じます。 仙台青葉で学んだ華道や茶道がおもてなしの心や所作、礼儀作法に繋がり、今の仕事に活かせていると実感しています。 また、一日中きものを着ているので、裾がほつれてしますこともありますが、そのような時に自分でお直しができますし、 他のスタッフの裾を直すこともあります。 お客様からきものの着方がキレイだと褒められた時には、着付けの勉強をしてよかったと思いました。 仙台青葉では、裁縫の知識・技術だけでなく、総合的に「和」を学べるのでふとした時に、その学びを発揮できる事が多々あります。 就職先が決まるまで、先生方が自分に合いそうな就職先の紹介や、履歴書の添削・面接の練習など親身に対応していただいたことにも、 心から感謝しています。

「やりたいこと」「やりたくないこと」
色々なことに挑戦してほしいです。

鈴乃屋レンタルブティック仙台店 勤務
柴田 かずみさん
服飾学科きもの科卒業

卒業生2

成人振袖や卒業衣裝、一般着物(訪問著、留袖等)の紹介やディスプレイ、商品管理や接客対応など店頭での業務全般をさせていただいています。 仙台青葉で学んだ知識があるので、きものの説明や紹介の際にも役に立ちますし、ディスプレイの授業も店頭ですごく生かされています。
少人数制の仙台青葉では、上級生と同じ教室で授業を受けていたので、コミュニケーションが取りやすく気兼ねなく質問したりアドバイスを頂いたりという充実の環境でした。きものの知識技術だけでなく、色彩やメイクなど、今の接客に行かせる授業も充実していたので即戦力として受け入れていただくことも出来ました。
「やりたいこと」「やりたくないこと」色々なにとに挑戦してほしいです。 その経験は、きっと将来の財産になると思います。 将来、皆さんと一緒にお仕事できることを夢見ています。

↑ PAGE TOP