学校法人長谷柳絮学園 仙台青葉服飾専門学校 学校法人長谷柳絮学園 仙台青葉服飾専門学校

資料請求

きものスペシャリスト科タイトル

学生の声

きものに関わる多くのことが学べます

きものスぺシャリスト科 佐藤 由佳さん


私は働くなら手に職を付けられる仕事に就こうと思っていました。私は和柄が好きで、夏祭りなどでよく着るゆかたの柄を見たりして、将来自分で柄あわせをしたり、縫っていくことが出来たらいいなと思いました。また、浴衣だけにとどまらず格式の高いきものをつくったり着せられたりできるようになりたいと思いこの学校に入りました。きものを学んでみてまだまだ知らない和柄も多く、もっと知りたいもっと見たいという気持ちが今は強いです。この学校はただきものを縫うことと、着付けすることと検定試験を受けるだけだと思っていましたが、実際に茶道、華道、メイク、色彩などきものに関わる多くのことが学べるので、さらにきものの奥の深さを感じて楽しく学んでいます。
将来は着付けをする仕事や、実際に和裁士として作品もつくっていく仕事に就きたいと思っていますが、きものは奥が深いので、反物に刺繍や染物を施したりする工房で学んでいきたいという夢もあります。

在校生1

将来は、呉服販売の仕事に就きたい

きものスぺシャリスト科 阿部 紗江香さん


昔から和柄や明治の女学生の衣装が好きでした。高校に入ってからきものについて勉強する機会がありさらに「もっと詳しくきものについて知りたい!自分できものをつくれるようになりたい!」と思ってこの学校に入りました。
この学校は少人数で先輩との交流が思っていたよりも身近で楽しく理解を深めながら学べています。
将来は呉服店での呉服販売の仕事に就きたいと思っています。そのためにも日々課題を根気強く頑張り、自信をさらに附けていきたいと思います。そしてその自信を目指す仕事に活かしていきたいと思います。

在校生2

卒業生の声

お客様の「大切な1日」に関わることが、
ドレスコーディネーターとしての喜びです。

アイ・ケイ・ケイ株式会社 プレジール迎賓館 勤務
遠藤 千明さん
服飾学科きもの科卒業

卒業生1
卒業生1

ドレスコーディネーターは、結婚式を控えた新郎新婦様の「大切な1日のために準備をする」とても大切な役割を持っています。業務内容としては、お衣装選びのお手伝いから、ドレスやタキシード、色打ち掛け、留袖のメンテナンスになります。 お客様がどのようお衣装を着たいのか、という希望を理解し、 「お客様の感動のために」自分ができることを提供するよう心がけています。お客様の門出を一緒に祝い、準備できる喜びが、この仕事のやりがいだと思います。
今後は一組でも多くのお客様のお手伝いをすることと、自分のオリジナルの衣装を作りたいと考えています。
仙台青葉での4年間の学びは、とても貴重なものでした。基礎から知識と技術を身につけたことが、しっかり活かされています。

自分の夢や目標に向かって、
積極的にチャレンジしましょう。

佐藤裁縫所 勤務
後藤 瞳さん
服飾学科きもの科卒業

卒業生5
卒業生6

きもののお仕立てや仕立て直しが主な仕事です。 その他、きものの生地をリメイクしたり、和小物を作ったりしています。 仕事の依頼は個人や呉服店問わずにあります。 和裁士の仕事を目指したきっかけは、仙台青葉に在校中、先生からアドバイスをもらって意識するようになりました。 仙台青葉は、先生との距離が近いので、わからないことや疑問があればその場で質問でき、親切丁寧に教えていただけます。 親身になって接してくださるので不安なく授業に集中して取り組むことができます。 授業で身につけた技術や知識は、和裁士としてもしっかり活かされています。 現在の目標は、一人立ちです。 個人で和裁士を生業として長く続けたいと思っています。
夢や目標に向かって努力を惜しまないで、 失敗を恐れず何事もまずチャレンジしてみてください。 行動することによって新たな発見や発想が生まれ、経験や糧となり将来に繋がると思います。

↑ PAGE TOP